更年期と密接に関わるオキシトシン

 神経伝達物質の一つで愛情ホルモン、絆ホルモン、幸せホルモンと言われるオキシトシンは脳の視床下部から分泌されるます。

 リモートワークや外出のしずらさ家事や育児などライフスタイルの変化によるストレスで、愛情ホルモンと言われる神経伝達物質オキシトシンが不足しやすくなっております。

オキシトシンが不足しますと

・免疫力の低下
・自律神経の乱れ疲労感
・イライラしやすくなる
・情緒不安定
・老化を早める
など

日常生活に様々な悪影響が表れやすくなります。女性ホルモンのエストロゲンとも関係がありまして、更年期障害と密接に繋がっております。

オキシトシンは、人の五感の中で最大の感覚器、触覚(皮膚)にアプローチしますと分泌が促進される事も分かっています。

オキシトシンが分泌されますと、

・自律神経を整える
・肌の幹細胞を活性化し肌周期を整える
・ストレスの緩和
・不安や恐怖を抑制し信頼が増す
・睡眠の質が良くなる
・若々しく見えやすくなる
など様々な変化が表れやすくなります。

オキシトシンが不足しないよう、頑張り過ぎには
どうかお気を付け下さい。

powered by crayon(クレヨン)