自律神経のバランスが崩れますと…

自律神経には
交感神経(仕事をしたり緊張している時に活発)と副交感神経(リラックスして休んでいる時に活発)の2つの神経からなっており、

長時間の仕事やストレスで交感神経が優位な状態が長く続きますと、血管が収縮し血流が悪くなります。

血流が悪くなるということは、細胞へ新鮮な酸素や栄養素を送る事が出来ず、老廃物が代謝されにくくなりコリや冷え、倦怠感などが表れてきます。

その他にも、免疫力の低下や頭痛・不眠・メンタル面への影響(鬱など)さまざまな不調が起きやすくなります。

内臓の働きも自律神経によってコントロールされておりますので、自律神経の不調により胃もたれや便秘・下痢なども引き起こしやすくなります。

交換神経と副交感神経のバランスが取れた状態は、1:1もしくは1.5:1です。様々な人間関係がある現代で、神経を遣うことも多く交換神経が優位の時間が長くなりますので、どうかお気を付け下さい。

powered by crayon(クレヨン)